Inge-glas®︎collection

子供の頃、大きなクリスマスツリーに、沢山のガラスのオーナメントがついているドイツの写真を見たことがあります。

それはとても重厚でうっとりするような美しさでした。
「あれは何という飾りなのかな?あんなツリーを飾ってみたい」
という願いを叶えてくれたのが、インゲグラス社のオーナメントでした。

インゲグラス社はドイツの老舗グラスオーナメントのメーカーです。

「ガラスのジュエリー」とも呼ばれるインゲグラス社のオーナメントができるまでには、最大30もの作業ステップを経て、その工程ごとに職人達の熟練した技で仕上げられます。薄いガラスに、何度も色を塗り重ねることで、ガラスに厚みを付けていると言っても過言ではありません。

丸い形のオーナメントは、口吹きでガラスを膨らませ形を作ります。サンタクロースなど、様々な形をしたオーナメントは、膨らませた後に鉄製の型に入れて形を作った後、何度も色付けし、表情を描いていきます。

グラスオーナメントのデザインや形は、伝統的なものを継承しつつ、新たなトレンドを追ったものまで、数多くのデザインがあり

そのどれもが、手作業で行われ、厳しい品質チェックのもと世界に届けてらているのです。

今年のInge-glasは、サンタコートやクリスマスストッキング、フルーツや森の中の動物…他にも代官山のショップでは、珍しいものも取りそろえています。

ドイツやアメリカのクリスマスツリーは、生のもみの木やトウヒと使うのが主流です。
軽いグラスオーナメントは、数多く取り付けても、ツリーの枝がしなることはありません。
長い歴史と伝統の中で、愛されてきたドイツのガラス工芸品。

今も世界中の人達を魅了し続けているのは、彼らのグラスオーナメントへの熱い想いがコレクター達の夢の世界を叶えてくれることにあるのだと思います。

 

 商品のご購入はこちらから:

コメントを残す