Advent calendar

世界の各地でクリスマスイルミネーションの点灯式のニュースを見かける事が増えてきました。クリスマスまで約1ヶ月、いよいよホリデーシーズンです。

このスタートに問い合わせが最も多いのはアドベントカレンダー。ブログでは去年、アドベントカレンダーについてお話ししています。

https://www.christmas-company.com/blogs/blog/advent-calendar

今年は、ドイツの1945年からアドベントカレンダーを作り続ける専門のメーカーのリチャードセルマー社より直輸入した紙製アドベントのラインナップを豊富に取り揃えています。

フランクフルト、ミュンヘン、ニュルンベルク、、、旅行や映画などで見たことがあるような場所のクリスマスマーケットのシーンが描かれています。クリスマスの語らいの時間が優雅で情緒があるものになると思います。

また、昨年ご紹介したロングセラー商品の繰り返し使えるティンカンアドベントをはじめ、

今年は、ドイツフォーゲル社から布製のタペストリータイプのアドベントカレンダーも入荷しています。

毎日クリップを移動してクリスマスまでのカウントダウンを楽しめます。壁掛けタイプなので、場所も取らずデコレーションができます。

スペインの上質な生地を使用し、縫製はドイツで行われている、今では大変貴重なヨーロッパメイド。艶やかなアイボリーがかったベース生地に、ゴールド、レッド、ホワイト、グリーンなどのクリスマスカラーを使用し、意匠を凝らした刺繍が素晴らしいタペストリーです。

フォーゲル社は、主にレース商品を作っており、繊細なデザインを施したオーナメントのクオリティは小さな絵画のようで、壁に飾って楽しむ方もいらっしゃるほどです。

繰り返して何度も使える布製のアドベントカレンダーを見ながら、最近よく耳にするようになったサステナブルということを考えました…。

別の機会にお話ししたいと思います。